Product
  • レイデル
  • ポリコサノール10
  • 単品 6,480円
  • レイデル
  • ポリコサノール10
  • 定期コース 初回3,240円
Column
  • 日本初上陸!ポリコサノール10

    日本初上陸。
    悪玉コレステロールを下げる
    キューバ産ポリコサノールサプリ
    世界で730万個以上の販売実績を持つ「レイデル ポリコサノール10」は、キューバ産サトウキビから抽出した成分「ポリコサノール」が悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率を改善する機能性表示食品(サプリメント)です。

    【届出表示】
    本品には、キューバ産サトウキビ由来ポリコサノールが含まれます。

    キューバ産サトウキビ由来ポリコサノールは、血中総コレステロールやLDL(悪玉)コレステロールを低下させ、LDL(悪玉)コレステロール値とHDL(善玉)コレステロール値の比率を改善することが報告されています。

    総コレステロールやLDL(悪玉)コレステロールが高めの方に適した食品です。

    ※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

    ※本品は疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

    ※本品は特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

    届出番号  E137

    機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性(健康の維持及び増進に役立つこと)を表示した食品で、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出され受理されたものです。

  • 悪玉コレステロールを下げる
    キューバ産ポリコサール

    悪玉コレステロールを減らし、
    善玉コレステロールと
    悪玉コレステロールのバランスを
    改善するキューバ産ポリコサノール
    肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれています。再生能力が高く、損傷があったとしても症状にすぐに表れにくいことからその名で呼ばれるようになりました。しかし、肝臓は気になる生活習慣病とも密接に関係しています。

    肝臓はコレステロールを生成して血液中に送り出します。この時のコレステロールが悪玉コレステロールです。不摂生な食事などで増えすぎてしまった血中の悪玉コレステロールが、血管の内側に入り込むことによって引き起こされるのが、動脈硬化です。

    一方で余分なコレステロールは善玉コレステロールという形で肝臓で回収されます。一般的にコレステロール値の高い低いで健康診断の結果を判断しがちですが、実はコレステロール値が高めでも善玉コレステロール値の割合が多ければ問題ないといわれています。反対に悪玉コレステロールが多い場合は狭心症や心筋梗塞などのリスクが高いと考えられるでしょう。

    また血液中で増えすぎた悪玉コレステロールは漂いながら、酸化、小型化します。その結果、ちょっとした傷から血管壁に入り込んでしまうのです。しかし、これらの症状をすぐに改善させることは困難です。食事制限や生活指導にも限界があり、また本人の体質も関係します。そこで注目されるようになったのがキューバ産ポリコサノールの効果です。

    キューバ産ポリコサノールとはキューバのサトウキビから採ることができる天然のワックスです。このポリコサノールは悪玉コレステロールを減らすことが報告されています。さらに当社で扱っているキューバ産のポリコサノールには特に8種類の高分子量アルコールが独自のバランスで配合されていることが特徴です。

    キューバ産のポリコサノールには悪玉コレステロールを減らす効果だけでなく、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率を改善させる機能もあります。そのため、この二つの作用によってコレステロール値のコントロールに役に立つのではないかと注目が集まりました。

  • キューバ産ポリコサールで
    生涯健康に!

    キューバ産ポリコサノールで
    生涯健康に
    健康診断の結果にため息をついてしまう人は多いでしょう。しかし、健康的な食生活や定期的な運動の必要性は感じながらも、仕事や家事でなかなかそこまで手が回らないというのも現状です。また健康診断の結果に表れなくても、メタボリックシンドロームやウエストサイズが年々気になってきているという人もいるでしょう。

    メタボリックシンドロームの主な原因は内臓脂肪の蓄積です。高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を併発してしまうことや、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めてしまうこともあります。男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、もしくはその予備軍であるといわれています。

    特に動脈硬化のリスクを高めるといわれているのが超悪玉コレステロールです。これは中性脂肪が増えてコレステロールが小型化したものです。血液中にとどまりやすく、血管内膜に潜り込みやすいため、動脈硬化の危険因子として警鐘を鳴らされています。またコレステロールが小型化するほど、心筋梗塞の危険度も上昇するといわれています。

    そこで話題になり始めているのがポリコサノールという成分です。ポリコサノールとは、米やサトウキビなどの穀類にワックス成分として含まれています。このポリコサノールがメタボリックシンドロームや生活習慣病に苦しむ人の救世主になると注目を浴びているのです。当社では特にキューバ産のポリコサノールに着目して研究しています。

    キューバ産ポリコサノールはサトウキビの葉と茎の表皮からとることができます。取れる量はサトウキビ1kg当たり、たったの0.025gという希少な成分です。

    サトウキビが獲れる国として世界的に有名なのがキューバです。キューバは土壌が肥沃なため、サトウキビやコーヒー、稲などの栽培が盛んにおこなわれています。そのため伝統的に砂糖産業が活発でした。

    キューバという国名を聞いて革命をイメージする人もいるでしょう。キューバは50年前の革命後、アメリカから経済封鎖を受けました。先進国からの輸入が途絶えることで問題となったのが医薬品です。先進国からの輸入がないため、自ら医薬品を調達しなければいけません。そこでキューバは日本のような国交のある国に学びながら独自の研究を進めました。

会社紹介